ぼけ

ぼけ。
というと、何を想像します?
ぼけーっとした人?
こらぁ~、ぼけぇーっ!!という怒声?
いずれにしても、そんなに良いイメージではないですよね。

でもね、この「ぼけ」は素敵です。
ぼけの花。

オレンジの花がそれです。
普段はトゲトゲしく絡まり合うやっかいな木ですが、毎年、春には爽やかな新緑とともに目の覚めるような鮮やかなオレンジの花を咲かせてくれます。
今年はとくに綺麗に咲いたな~。
昨年の仕立てが上手くいったのでしょうか、綺麗に立ちあがって咲いています。

ちなみに「ぼけ」の下の草のようなものは「ニラ」。
その横のハスのような葉っぱが「ゆきのした」、その奥が「りゅうのひげ」と「笹」かな?

ぼけって、なんでこんな名前なのでしょう。
・・・調べてみました。
実が瓜に似ているために「木瓜(ぼっくわ)」と呼ばれており、それが変化したようです。
え?実なんてなってたっけ???
花だけに見惚れていた私、今年は実も確認してみようと改めて思いました。

中国が原産で、バラの仲間のようですね。
あ、やっぱりトゲトゲしいと思ったらバラの仲間なんですね。
花ことばは、熱情、平凡、妖精の輝き、魅感的な恋ですって。
情熱や輝き、魅惑的な恋と平凡は正反対のようですが、なぜ同じ花ことば?
そもそも花ことば自体がどのようにして付けられているのかさえ疑問ですね。

それはともかく、この花を持って明日は女子会に行ってこようと思っています。
久しぶりに車を走らせるな~。
もうだいぶ長いこと愛車ダイハツのタントエグゼに乗ってあげていないな。
明日は車で友達の家に向かおうっと!



Both comments and pings are currently closed.