二輪の明るい兆し

日本の二輪メーカーは「ホンダ」「ヤマハ」「スズキ」「カワサキ」と、国内四大メーカーが大きく幅をきかせていますが、その中でも最も大きな活躍を昨今見せつけているのは間違いなく、ホンダと言えるでしょう。

これまでホンダは、戦後以降数多くの名車を手掛けて発展してきましたが、ここ数年は新しいホンダへと生まれ変わろうとしているかのような新鮮な次世代車両を次々発表しています。

無断変速システムを採用したニュータイプATクルーザーの「DN-01」。アジア全体から欧州までをもターゲットとし、アイドリングストップまでも採用したエコシティコミューターの「PCX」。デュアル・クラッチ・トランスミッションを搭載したエンジンをパワーユニットとして迎えた「NC700シリーズ」。このように、他の国内メーカーを置いてきぼりといわんばかりの新開発を続け、しかもさらにお手ごろかかくで提供するという展開を見せています。

確かにラインナップを続ける全てが市場に出て受け入れられるかといえば、そうではありませんが、次々とユーザーに新しい技術を提供して楽しませてくれるというのは、新しい時代の二輪のあり方を示しているかのようで非常に楽しみであります。

現在の日本のベテランライダーの多くは、ハーレーダビッドソンやBMWといった海外メーカーの大型バイクに興味が向いてしまいがちの状況です。長い歴史や味を伝承する車両や、ブランドネームの力が強大だからです。

しかしそこに、未来に目を向けて次々と新型車量を生み出すホンダに触発されて二本の二輪メーカーの温度が高まれば、今再び日本製バイクの素晴らしさを日本のライダーに思い出させることができるかもしれません。

世間的な見方では、日本の二輪業界の未来は暗いというムードが漂っていますが、私は意外とそんなことは無いのではと思っています。

確かに相次ぐ規制の嵐でパワーダウンや生産終了を余儀なくされてはいますが、その代わりに新しいパワーユニットの方向性にも力が入るようになり、電動車両についてもクルマより一足先に街で多く見られるようになりました。

これまでどおりの従来のバイクのあり方は廃れていくでしょうが、決してバイクという二つのタイヤを有する乗り物事態は絶対に廃れることは無いでしょう。需要は必ずありますから。

夜だって夜明け前が一番暗いといいます。二輪業界の暗さも、近い将来明るく輝く兆しだという見方が、正しいのでは?



Both comments and pings are currently closed.