男性の晩婚化は良いと思います

若い20代の女性が望む結婚相手の年齢は、年上が良いと望む声が年々高まっているようです。その理由としては、相手に経済的余裕だけでなく、幅広い大人の知識が豊富ということで若い女性にとって魅力的なのだそうです。

こういった女性の考えは昔から多かったとは思いますが、最近は本当に多くなったようです。歳が近い男性には魅力を感じることができなくなっているというのも、その傾向を高めている要因なのかもしれません。

控えめな男子がもてはやされる中で、年齢が高くなると結婚を焦る女性も増え、そうなると結婚に向いている年上の魅力ある男性に興味を移してしまうという流れも想像できます。

また逆に、若い時代に結婚を逃した30~40代の男性が結婚を焦ることもあり、20代女性との互いの良点が重なることで結ばれるという見方もできます。

女性からしたら年上の男性との結婚は安心感が強く、男性からしたら、ある程度仕事の波を乗り越えて落ち着いているので家庭を大切にしやすいでしょう。意外とこの組み合わせは円満家庭を気築くために良い組み合わせなのかもしれませんね。

男性の晩婚化というのは、私個人としては悪くないものだと思います。不況の今、収入も疎かな状態で結婚してもはたして家族を幸せに出来るかどうか、疑問です。仕事で大変だけど、子育てに家族サービスに、でもお金もしつようだし…… と、頭を抱えると想像しただけで、私はゾッとしてしまいます。耐えられる自信はありません。

だったら、一発成功して落ち着いてから家庭を気付き、子どもに伸び伸びと育ってもらえる環境を作り上げるほうが、理にかなってると思うのです。

それに、お世辞にも知識が足りているとはいえない若い夫婦は、世の中びっくりするくらいいるもんです。深夜のファミレスに赤ちゃんを連れてきていたり、汚い暴言を子どもの前で使っていたり。そういう若い両親のもと育つ子どもってどうなるのかな? と考えると、日本の将来さえもどうなるのかと考えてしまいます。

子どもを持つことって、ある意味男の人生終わりの瞬間だと私は思っています。それは決して悪い意味ではなく、子どもができたら、その後の人生は子どもが自立するまでは全てを子どもに捧げる必要があるって思っているということです。

子どもに全てを捧げる準備、今の10代、20代の大抵の男には絶対できていないですよ。



Both comments and pings are currently closed.