眉毛の形って意外と重要

なんだか老けた気がするなぁ…… と、鏡の前で悩んでいる男性諸君、その原因は、眉毛にあるかもしれませんよ。

髪の毛やヒゲやといった毛は定期的に手入れをして入るものの、眉毛を疎かにする男性は歳をとると多くなる傾向にあります。特にそれは、散髪費用を抑えようと顔の無駄毛処理を行なってくれない安い散髪屋さんに通っていたり、自宅で髪の毛を切っている人に多いです。

人間は基本的に相手の目を見ます。そして目に近い眉毛も必然的に目に入りやすくなります。もしこの眉毛が不恰好に伸びて生え揃っていなかったら、年寄りに見られてしまうのです。

老け顔かもと悩んでいる男性がいましたら、一度美容室に行って相談してみると良いかもしれませんよ。眉毛1つで、がらっと顔の印象は変わりますから。

私は年中短髪で、散髪も自宅で自分で行なっています。単発というのは眉毛が特に目立ちます。なので眉毛の手入れも散髪時に欠かさず行なっています。眉間の間の眉毛を毛抜きとはさみで整え、眉毛の尻の無駄毛も処理します。長さは眉毛専用のカッターで整えています。

眉毛の手入れを毎回するかしないかだけで、5歳くらいは見た目が変わるんじゃないかと思っています。あくまでも自己判断なので、傍から見たらどうか分かりませんけれどもね(笑)。

私が眉毛の重要性に気がついたのは、高校生の時でした。あの頃から床屋ではなく自宅で散髪をするようになったので、顔の毛を剃ってもらうという機会が無くなりました。そして眉毛も伸び放題で生え放題。気がついたら不恰好な眉毛になっていました。

それに気がついてからは、眉毛の間やどうしたらよいのか、眉毛の長さはどうしたらよいのかと悩み、試行錯誤するようになりました。錯誤中は何度か失敗はしましたが、それも今では自分に合う眉毛を見つけるための重要なステップでした。失敗した当時は死にたいくらい恥ずかしかったですけどね(笑)。

眉毛を自分で処理するようになって分かったのは、やりすぎないことですね。自分の眉毛のベースを壊すほど手入れをしないこと。そうしないと、毎回の手入れが面倒ですし、見た目にも弄ってる感じが強くなりすぎて恥ずかしいのです。あくまでもナチュラルに。



Both comments and pings are currently closed.